« 時事エッセー・中国への素朴な疑問 | トップページ | 寮歌のすすめ »

2007年3月23日 (金)

唱歌のすすめ

 56回目のブログです。

 いよいよ、桜の待ち遠しい季節になりました。今年は暖冬でしたが、今になって
突然寒気団が荒れたりするなど、自然というものは、なかなか思うにまかさない
ものです。

 こういう時でもありますから、先日、3月11日、兵庫県立芸術文化センターに、
自衛隊中部方面音楽隊「日本の詩情・熱血歌唱際」を聴きに行きました。老若
男女とはいっても、若干年配者が多く見うけられましたが、印象深いのは、超満
員の熱気が溢れていたことです。

 自衛隊音楽隊は、旧軍隊からの脈々たる歴史を有し、あの有名な消防庁や警
察のブラスバンドを凌ぐ実力ブラスバンドとして著名な存在です。

 わたしは、広島県の田舎中学生の頃、クラブ活動でブラスバンド部に属し、
クラリネットを担当していました。田舎ではありましたが、尊敬する熱血先生
(非日教組的)の指導のもとに、関西吹奏楽コンクールには何度も出場し、入賞
まで獲得するといった、誇らしくもある懐かしい経験を有しています。

 歌唱際の冒頭は、全員起立で国家“君が代”を斉唱しました。近頃は、めっきり
荘重な調べの“君が代”を歌うチャンスが少なくなりましたが、久しぶりに心を込
めて歌ったからでしょうか、なかなか清々しい気持ちになることができ、感激一入
でした。わずかの時間ではありますが、厳粛な気持ちに浸ることが、自分自身の
日頃の怠惰な生き様に、活をいれる
ことになったように思われます。

 自衛隊ブラスバンドは、国と同胞の真情を胸に刻む軍歌、豊かな叙情と四季
折々の情景を歌う唱歌、懐かしい心を呼び戻す童謡、日本人の心の美学を歌
う古歌などを、数多く見事に演奏しました。ほんとうに素晴らしい演奏で、今でも
余韻に浸っているところです。

 この素晴らしい演奏を聴く過程で感じたことを記したいと思います。

 まず軍歌ですが、わが国の軍歌は、とびきり勇ましいだけの殺伐としたもので
はなく、日本人のもつ「潔さ」、「人情」、「友情」を、時には叙情的に、さらには情
熱的に、ある時には切々と歌ったものだと思います。例えば、『海ゆかば』。
     
      海ゆかば
      水漬くかばね
      山ゆかば
      草むすかばね
      大君の
      辺にこそ死なめ
      かえりみはせじ

 これは、軍歌というよりは、防人の心情を切々と短調で表現した、一遍の短歌
と言えるのではないでしょうか。その他、軍艦行進曲、梅と兵隊、ラバウル小唄、
などなかなか味があるものが多いと、あらためて感じました。

 次に印象深かったのは、久しぶりに聴いた『唱歌』です。わが国の歴史に題材
を求め、見事に歌い上げた「青葉の笛」(平家滅亡のあわれを表現)、「児島
高徳」(
忠臣高徳の故事を歌に)、「桜井の別れ」(世界に冠たる軍略家、忠臣、
楠木正成とその子、正行との悲しくも、志を同じくする潔い別れを歌ったもの)は、
わが民族の誇りとする、日本精神を、心の底から彷彿とさせるものがあります。
音楽隊のブラスバンドで聴きますと、より一層、あるいは数倍と言っても過言では
ないくらい、心に沁みてきますね。

 わたしは、童謡と唱歌の厳密な区別は知りませんが、その他、「里の秋」、「誰か
故郷を思わざる」「みかんの花咲く丘」「赤とんぼ」など多くの唱歌を鑑賞しました。
最後の締めの歌は最も人口に膾炙している「ふるさと」でした。これをブラスバンド
の演奏のなかで、満場全員が合唱しましたが、涙滂沱として止まらず、感動、感激
の一日をすごすことができました。

 この「ふるさと」という歌は、悲しみに連日耐え忍んでおられる横田滋・早紀江
さんご夫妻など、北朝鮮に拉致されている拉致家族の方々の集いには、最後に
必ず歌われています。『ふるさと』の詞を書いてみましょう。

   (一)うさぎおいし かのやま
      こぶなつりし かの川
      ゆめはいまも めぐりて
      わすれがたき ふるさと

   (二)いかにいます ちちはは
      つつがなしや ともがき
      あめにかぜに つけても
      おもいいずる ふるさと

   (三)こころざしを はたして
      いつの日にか かえらん
      やまはあおき ふるさと
      みずはきよき ふるさと

 一度口ずさんでみてください。詞はやさしく心を癒し、メロディは穏やかに心に響
く名歌ではないでしょうか。それにしても『唱歌』は素晴らしいものですね。唱歌を
お薦めします。ぜひご家族でご一緒に歌っては如何でしょうか。

 みなさんはどのようにお考えでしょうか。

次回も
時事エッセー
です。

 コメントは、この右直下に色は薄いですが、《コメント》とあるところをクリックして
 ください。

|

« 時事エッセー・中国への素朴な疑問 | トップページ | 寮歌のすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166202/14289138

この記事へのトラックバック一覧です: 唱歌のすすめ:

» 卒業式 歌 [これいいよ]
早いもので、もう三月、卒業式の季節ですね。 「卒業式」といえば、皆さんは卒業式でどんな歌を歌いましたか? [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 18時34分

» がくぶんの資格情報サイト [がくぶんの資格情報サイト]
がくぶん総合教育センター、がくぶんの資格講座・通信教育の資格情報 [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 22時30分

» 陸自 中部方面隊音楽祭に行ってきました!! [妖魔の不思議な旅]
3月21日(祝)に兵庫県芸術文化センターで行われました陸上自衛隊中部方面隊音楽祭に行ってきました!! 当日はいい天気、出かけるには最高の日でした。 朝早く行くつもりが・・・ 少し起きるのが遅くなり、車を飛ばしてすっ飛んでいきました。座席券に引き換えるのは0930... [続きを読む]

受信: 2007年3月30日 (金) 09時48分

« 時事エッセー・中国への素朴な疑問 | トップページ | 寮歌のすすめ »