« 人間性の喪失(続)・ある高級官僚の精神構造 | トップページ | 子供に読書を薦めよう »

2007年4月27日 (金)

ウオーキングのすすめ

 61回目のブログです。

 先週のブログでは、阪神大震災にまつわる悲劇に反省のひとかけらも示さない、
自治体トップ(ある高級官僚出身者)について、極めて厳しい発言をしましたが、
今週は、また一転、日常の穏やかなことを思いつくままに書いてみます。

 厳しい発言と穏やかな表現、大きなテーマと小さな題材、国家社会に対しての
物言いと個人的な趣味の世界のおひろめ、公憤らしきものと私憤そのものなど、
毎週、右に行ったり左に行ったり、結構振幅の激しいブログとなっています。
これは、別にわたしが躁鬱のためではなく、幅の広い人間だと内心納得させて
いますが如何なものでしょうか。

 わたしは、およそ8年前に一寸した病気をしました。その折、医者に①タバコを
止めるかお酒を止めるかどちらかを選択しなさい。②毎週ウオーキングを欠かさ
ず行いなさい。
の二つのことを申し渡されました。以前、チャイナの唐家セン外交
部長(外務大臣)が来日した折、対等であるべきわが日本国に対して、“ゲンメイ
(厳命)”したという、誠に無礼な話がありましたが、その先生は、医者と患者との
関係にもかかわらず、穏やかに申されたわけです。

 そこでわたしは、お酒は人生の友であり、人間関係の潤滑油であるとの判断
から、禁煙を選択しました。現在まで、一本も吸っていませんので、自分では意思
の固さは相当なものだ思っています。さらに、ウオーキングについては、土曜日
か日曜日、あるいは両日とも、一日2~3時間、確実に実行しています。それに
より、お蔭様で体調はほぼ順調であり、快適な日常を維持できていると言えるで
しょう。

 ウオーキングという言葉は、すでに日常用語となっており、意味するところは、
「歩くことを主体とした健康法」です。ウオーキングに類した言葉としては、ワンダ
ーフォーゲル(野外活動)、登山、ロッククライミング、沢登り、トレッキング(山歩き)
などがありますが、最も近い言葉はハイキングです。ハイキングは、健康のため、
あるいは知らない土地を見聞したり、自然の風景や歴史的な景観を楽しむため
に、軽装で一定のコースや距離を歩くことを意味します。ハイキングとウオー
キングは、よく似ていますが、「健康法」かどうかという点で違ってきます。

 さて、TV、新聞、雑誌、WEBなどでよく語られていることですが、ウオーキング
の利点、効果は、次の通りだと考えられます。
   ① 身体上の効果
       ・ 心臓の強化
       ・ 骨への効果
       ・ 肥満の解消
       ・ 美容への効果
       ・ 生活習慣病を予防
   ② 精神上の効果
       ・ 脳を鍛える
       ・ ストレスの解消効果
       ・ 森林浴の効果
   ③ 社会上の効果
       ・ 季節の変化を実感
       ・ 社会環境の変化を確認
       ・ 未知への好奇心の拡大

 ウオーキングに利点は多々あることは理解しても、それを継続することは、なか
なか大変ですよね。継続は力なりとは分ってはいますが、何事も挑戦はするもの
の、3日坊主で終わるのが常ですから、そこには、自分なりの工夫が必要になり
ます。何事も仕事と同じであり、創意と工夫が不可欠だと認識し、わたしは次の
ように心がけました。それは、上の③の社会的効果を重視することでした。

 ① 私の住む市では、民間企業により年1回、広域町内の地図が配布されるの
   で、それを活用し、その地図に記載されている道路を全て塗りつぶすことを
   目標にスタートしました。広い道、狭い道、行き止まり、坂道、平坦道路、
   など、道路だけでも今まで感じたこともない新鮮な驚きがありました。驚き
   だけでなく、雑然とした街並や道路をみるにつけ、中長期の都市計画の必要
   性が実感させられます。これぞ生きた社会勉強ですが、広域町内地図を利用
   したウオーキングは面白いと思います。

 ② この地図には、各家の名前(苗字)が記載されていますので、一軒一軒の
   名前を見るようにしました。佐藤、鈴木、田中のようなよく知られた名前から、
   今まで見たこともない名前など、日本の苗字には色々あることをしらされ
   ます。また、例えば「わたなべ」という家でも、「渡辺」、「渡邊」、「渡邉」、
   「渡部」など漢字が若干異なっていることや、苗字の表記にこだわり、正字を
   主張している家が多いことなど、あらためて勉強になります。

 ③ 最近は、いわゆるガーデニングと称する生花での飾りつけを玄関や塀にして
   いる家が激増しています。これらの各種の花を見ていると、季節の変化が鮮
   やかに実感できますし、心の平安を求めている人々が増えていることがわか
   ります。

 ④ 現在のウオーキングは、自分の家を起点とし、行き先、ルートなどは決めず、
   気ままに歩き、街の変化を目で感ずるようにしています。最近は、マンション、
   一戸建て、ビルなどの建築がかなり増えているように感じますから、景気も
   底を打ち、人手もぼつぼつ不足してくるのではないかと読んでいますが、
   はたしてどうでしょうか。

 それにしても、ウオーキングは慣れると快適です。不快な思いをしたことは一度
もありません。これからは、つつじ、さつきの鮮やかな赤い花や、生気溢れる青葉
が目にしみる好季節です。すでに、実行されている方は多いと思いますが、まだ
されていない人は、さあ、やってみましょう。
 ウオーキングを薦めます。

 みなさんはどのようにお考えでしょうか。

次回も
時事エッセー
です。

|

« 人間性の喪失(続)・ある高級官僚の精神構造 | トップページ | 子供に読書を薦めよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166202/14810134

この記事へのトラックバック一覧です: ウオーキングのすすめ:

« 人間性の喪失(続)・ある高級官僚の精神構造 | トップページ | 子供に読書を薦めよう »