« 大阪府は財政再建団体の指定を受けよ! | トップページ | 凛とした国家、凛とした社会を! »

2008年1月18日 (金)

地方自治体・首長選挙の選択基準!

 99回目のブログです。

 先週のブログで、大阪府の財政偽装問題を取り上げましたが、27日に注目の
知事選挙がありますので、この選挙をどのようにとらえればよいのかを考えて
みたいと思います。大阪府以外の方は関心も薄いかもしれませんが、どの都道
府県も同じようなものだと思いますので、ご参考ください。

 有力立候補者は、橋下徹氏(38歳、弁護士・タレント、自民府連推薦・公明府
本部支持)、梅田章二氏(57歳、弁護士、共産推薦)、熊谷貞俊氏(63歳、元
大阪大学教授、民主・国民新・社民推薦)の3人です。

 橋下氏の応援団は、堺屋太一(作家)、江口克彦(PHP社長)、井出正敏(元JR
西日本会長)、コシノヒロコ(ファッションデザイナー)各氏などであり、結構広がりが
あります。一方、熊谷氏には、下妻博(関西経済連合会会長)井上礼之(ダイキン
工業会長)などの財界人や民主党、社民党、連合の強力な支援があります。また
梅田氏は早くから共産党の全面的な支援をうけて活発な活動を行ってきています。

 わたしは選挙の度に思いますが、どうして、マスメディアは立候補者の評価
具体的に行わないのか腑に落ちません。大阪府であれば、立候補者が掲げる
マトリックス(縦軸に政策項目など・横軸にスケジュール)を一覧表にして、その
評価を各メディアなりに分かりやすく表示すべきだと考えます。たとえば、◎、〇、
△、×、?などで表示し、それを参考にして府民は選択すればよいのではないで
しょうか。

 項目として次を掲げたいと思います。

  財政再建の全体像をどう描くのか
    (実情公開、重要性の認識度、方策、スケジュール、委員会設置)

  資産、負債のバランスシートを作成するのか
    (実情公開、単独・連結)

  公務員給与体系の見直しを行うのか
    (実情公開、定年、人事考課、諸手当)

  現状組織の見直しを行うのか
    (実情公開、委員会、第3セクター、官民交流、民営化)

  道州制・大阪市の廃止などの大胆な改革を掲げるのか
    (今や明治140年、新しい廃藩置県、合理的行政区分)

  アンタッチャブル(タブー)分野に、生命を張って、手を突っ込む勇気が
   はたしてあるか
    (実情公開、人権・組合・治安分野への異常補助&不正保護など)
     
  不公正、アンフェアーを是正するのか

  教育水準の向上策と教育の正常化策は
    (全国45位・ビリから3番目の学力向上、左翼教育排除)

  経済活性化への施策は

  文化保護と再生については

 この3人の立候補者は、それなりに立派な人格識見を持たれている方だと思い
ますが、最も重要なことは、どんなに素晴らしいマニュフェストを掲げても、それを
実行に移す勇気がなければなりません。特に大阪府の場合は、あからさまに書け
ませんが、⑥のアンタッチャブル分野を正常にもって行くには、生命を張るほどの
勇気が求められます。それに耐えられる人は、はたしてこの内の誰でしょうか。

 また、議員と利益団体と行政との利権的癒着を排除するには、相当の圧力と
いやがらせと脅しがあるでしょう。これまた大変な信念と気骨を必要とするのでは
ないかと思います。それにも耐えられる人は、はたしてこの内の誰でしょうか。

 上に書いた10項目などは、大阪府だけではなく、どの地方自治体にも当て嵌まる
ことだと考えます。大阪府が特にひどいわけで、実質的には財政再建団体に指定
されても何も言えない体たらくであり、これは、わたしを含む府民一人一人の責任
でもあります。

 それにしても、勇気ある知事を選びたいものです。

 みなさんはどのようにお考えでしょうか。

次回も
時事エッセー
です。

|

« 大阪府は財政再建団体の指定を受けよ! | トップページ | 凛とした国家、凛とした社会を! »

コメント

橋下氏、商工ローンの顧問弁護士だった!

 雑誌『週刊新潮』は1月17日号で、大阪府知事選に立候補している弁護士でタレントの
橋下徹氏(自民党大阪府連推薦・公明党大阪府本部支持・新風自主支援)が、
過去に商工ローンの顧問弁護士を務めていたと報じた。

 記事によると橋下氏は、”みなし弁済”規定をタテに利息制限法を超える高利を取っていた
商工ローン『シティズ』の顧問弁護士を1999年から2004年まで務めていたといい、
関係者の話として「債務者からの訴訟でも会社を勝利に導いてきた」と伝えた。

 また、記事の中で自民党関係者は、「昨年12月に行われた大阪市大正区の市議補選で
橋下氏に応援演説を打診したところ、”市議の補選ごときで”という態度だったという」と語った。

橋下 商工ローン - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?q=%8B%B4%89%BA+%8F%A4%8D%48%83%8D%81%5B%83%93

投稿: hashinoshita | 2008年1月19日 (土) 17時59分

橋下弁護士のことをもっとよく知ろう!!
橋下弁護士のすばらしさがよくわかるよ

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-732.html

投稿: れを | 2008年1月18日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166202/17637436

この記事へのトラックバック一覧です: 地方自治体・首長選挙の選択基準!:

« 大阪府は財政再建団体の指定を受けよ! | トップページ | 凛とした国家、凛とした社会を! »