« 「謹賀新年」…せめて初夢を語ろう! | トップページ | 薄汚れたもの…それは「現代の政商」だ!  »

2009年1月 9日 (金)

18歳は成人だ…若者よ自己主張をしよう!

 150回目のブログです。
 おかげさまで150回目という節目を迎えることが出来ましたが、今後ともご愛読を
お願いします。

 さて、今年はほとんどの会社や役所が、1月5日の月曜日を仕事始めとしていまし
たが、話題はもっぱら不景気、金融不安、株価、デフレ、アメリカ経済、雇用不安など
であり、一年の展望を誰か明言してほしいという雰囲気です。

 しかし、そんな展望をできる人は極めてまれであり、各自がそれなりに、ない知恵、
ある知識をしぼって、考えなければならないのではないでしょうか。考えなければ、
時は刻一刻、無情にも過ぎていってしまいます。

 今年は、平成21年、皇紀2669年、十干十二支は己丑(つちのとうし)、 西暦では
2009年。
元日はすでに過ぎ、はや来週の月曜日、1月12日は成人式を迎えます
が、今回は、「成人」について考えてみます。

 人生の節目をどう見るかは、人それぞれでしょう。3年前にも書いたのですが、
興味ある年割りを再度ご紹介します。人間の成長過程を7年ごとに区切り、それ
に漢字一文字を与えた『7年成人説』。誰の説かは知りませんが、かなり以前に
教えてもらったものです。人間生まれてから、7年毎にかくあるべしということで
しょうか。

         《7年成人説》         
             1 ~  7  生
             8 ~ 14  整
            15 ~ 21  青
            22 ~ 28  性
            29 ~ 35  盛
            36 ~ 42  精
            43 ~ 49  政
            50 ~ 56  成
            57 ~ 63  征
            64 ~ 70  清
            71 ~ 77  聖(正)
            (数字は年齢)


 これを見ますと、78歳以上がありませんが、現代はそれだけ長寿の人々が
増えたことを示しています。現状では、71~77は正、78~84で聖、が妥当かな
と思います…。

 わが国では、高齢者は65歳以上を指しますが、パワーは強烈で、先般の後期
高齢者問題でも、その力を遺憾なく発揮したことは記憶に新しいものがあります。
まさに、清、正、あるいは聖とはほど遠い雰囲気であり、彼等は選挙の投票率でも
高い数字を示し、己が生きることへの自己主張は止まる所を知りません。

 わたしは、彼等は、出来るだけ子どもや孫の世代に負担を掛けないような方策を、
穏やかに、静かに主張すべきだと考えます。ヒステリックな主張は、社会、世間の
騒乱の要因であり、まさしく、清、聖の真逆でもあります。特に、理想的には清・正・
聖であるべき年代の人は、“美しく生きる”ことと同等に、個人的には“清らかな死
に方”
、社会的には“迷惑を掛けない死に方”を模索し、それを明確に認識すべき
ではないでしょうか。≪死≫というものについての厳粛且つ真剣な議論を抜きに
して、国家・社会の安定はあり得ないと考えます。

 それに引き替え、20代、30代の若者の主張はあまりにも大人しすぎます。若者
がもっと強く主張
しなければ、このままでは、わが国は、高齢者の意向に沿った政策
ばかりとなり、健全な国家、安定した社会、継続した歴史を築くことはできません。

 若い世代はその主張を、自分の所属する組織で行うだけでなく、マスメディアに
おいても積極的に行うべきです。さらに最も大切なことは、選挙、特に衆議院・参議
院選挙では必ず投票し、若者の意見を政策に反映するように努めなければならない
のではないでしょうか。現在の投票率ではあまりにも低すぎます。

 無関心は敗北に繋がります。若者よ、中高年、高齢者、後期高齢者を圧倒せよ!

 現代は少子化時代。このままでは大変なことになりそうですが、わたしは、ここで
成人年齢を、現行の20歳から18歳に引き下げ、選挙権も18歳以上に与える法律
改正を即時実施することを提案します。

 昔の元服は12~16歳でしたから、18歳が大人・成人・元服の年齢であっても、
全く問題はありません。そうすることによって、成人の自覚を促すとともに、若い世代
の選挙権者を増やすことで、その意見・考えをも配慮した政治が行われることを期待
したいと思います。

 若者よ自己主張をしよう! そのためには、選挙の投票に行こう!

 18歳は成人だ。18歳に選挙権を与える法律改正を!

 わたしは、若い世代に暖かい声援をおくります。

 みなさんはどのようにお考えでしょうか

次回も
時事エッセー
です
 

|

« 「謹賀新年」…せめて初夢を語ろう! | トップページ | 薄汚れたもの…それは「現代の政商」だ!  »

コメント

ご指摘のように、最近では若者の意見がないがしろにされているように思います。ないがしろにされないためには、積極的に発言する以外の道はなく、そのためには選挙で意思表示するほかはないのでしょう。若者の自覚に期待したいと思います。

投稿: yuichirou | 2009年1月 9日 (金) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166202/43664347

この記事へのトラックバック一覧です: 18歳は成人だ…若者よ自己主張をしよう!:

« 「謹賀新年」…せめて初夢を語ろう! | トップページ | 薄汚れたもの…それは「現代の政商」だ!  »