« 「地球温暖化」は真実?…環境問題の嘘を考える… | トップページ | “春”…素晴らしき日本の自然に触れよう! »

2010年3月12日 (金)

「日教組」…それは日本のガン(悪性腫瘍)だ!

 211回目のブログです。

 三寒四温とはいうものの、気配は“春”そのものです。

       “春霞 たつやおそきと 山川の 岩間をくぐる 音聞ゆなり”
                                和泉式部(いづみしきぶ)

 本来なら、ぼつぼつ心浮き浮きするところですが、何となく意気の上がらない今日
このごろです。

 さて、大東亜戦争(第2次世界大戦・太平洋戦争)後、すでに65年になりますが、
落ち着いた社会、心豊かな国民、凛とした国家にはまだまだ遠く、それどころか、
逆にギスギスした国になっているように思えてなりません。

 その要因に、わたし達が学んだ「学校教育」があり、その中心となっている
“日教組”という存在を軽視することはできません。最近の重大なる事件をピック
アップしてみます。

  北教組幹部ら4人逮捕・選挙資金1600万円提供容疑・札幌地検

  民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)側が北海道教職員組合
  (北教組)から選挙資金1600万円を受領したとされる事件で、札幌地検は、
  政治資金規正法違反容疑で、北教組委員長代理、北教組書記長、北教組
  会計委員ら4人を逮捕した。地検は同日、札幌市の北教組本部などを改め
  て捜索した。

  原資には、長年北教組組合員が受け取りを拒否し、金融機関に預けられて
  きた55億円余に上る「主任手当」の利息の一部が充てられたとみられている。

                      (2010/03/01 時事通信一部抜粋)

  北教組、選挙に注力「支持者5人獲得」教員にノルマ

  民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営をめぐる政治資金規正法
  違反容疑で、トップを含む幹部3人が札幌地検に逮捕された北海道教職員
  組合(北教組)。全国の地方教職員組合の中でも際だって急進的な行動が
  多い、異色の存在だ。

  道教育委員会によると、昨年10月現在の組合員数は公立小中学校の教諭を
  中心に約1万9千人、退潮傾向の中でも約34%と日教組全体より7ポイント
  高い。

  組合関係者によると、国政選挙のたびに本部から学校単位の「分会」に指示
  があり、「1人あたり支持者5人」などとノルマ付きで「支持者カード」を集める
  よう求められる。熱心な支部では、現場の教員が支援候補のビラを配ったり、
  電話で支援を求めたりする
という。

  08年1月には査定昇給制度の導入に反対し、24年ぶりのストライキを決行
  同年、全国で懲戒処分を受けた教職員の8割に当たる約1万4千人の大量
  処分を受けた。
                       (2010/03/03 asahi.com一部抜粋)

 ついに逮捕者がでました。いままでも、北海道に限らず、山梨県などでも違法な
政治・選挙活動が公然と行われていたことは時折マスメディアで報ぜられていま
したから周知のことであり、これは、あくまでも氷山の一角とみるべきでしょうが、
あまりにも遅すぎる印象は否めません。

 それにしても、北海道教職員組合(北教組)は、無法の限りをつくしており、無茶
苦茶です。先生(教師・教員)自ら選挙活動に狂奔(きょうほん・ある目的のために
夢中になって狂ったように奔走すること)したり、本来、先生個人が受取るべき
主任手当てを55億円(55億円ですよ・唖然!)も強制プールするなど、完全に
常軌を逸していると言わねばなりません。

 それでは、日教組の問題点について、アトランダムに記しましょう。

マスメディアや文化人は、現在の日教組が組織率27%であるとして、弱体化
  しており大した影響力を有していないと、あえて過少評価しようとしていますが、
  29万人もいる巨大な労働組合であるとともに、政治勢力としての力はもの
  すごいものがあることを認識しなければなりません。
     
  社会公式のひとつに次の公式があります。
          力(パワー)= 量(組織率)× 質(行動力)

  たとえば、50人の教職員会議でも、2~3名の強烈なイデオロギスト(アジ
  テーター)が居れば、彼等がその場を牛耳ることは容易なことを想像してみて
  ください。したがって、たとえ27%の組織率であっても、プロ政治屋クラス
  数多く存在することが明白になったことで、彼等の力は大変なものであることは
  一目瞭然でしょう。

現在、日教組は国会議員として、輿石東(民主党参議院議員会長)・横路孝弘
  (衆議院議長)の最高権力者を含めて合計9名(民主党8名・社民党1名)を
  抱えており、強烈な政治勢力としてその力を誇示しています。

日教組は、階級史観、共産主義を堅持し、北朝鮮・中華人民共和国・旧ソ連を
  賛美するとともに、韓国の主張に同意するなど、完全に左翼・反日のイデオロ
  ギスト
、あるいは、極左のイデオロギストと言っても過言ではありません。

槙枝元委員長は北朝鮮の教育制度やチュチェ思想教育を絶賛したこともあり、
  北朝鮮へのシンパシーは日教組の底流にあります。拉致問題での発言も

  「いたずらに拉致問題や不審船問題を取り上げ、朝鮮民主主義人民共和国に
  たいする敵意感を倍増させている。真相究明・謝罪・補償を訴えることは被害
  者家族の心情を考えれば当然のことだが、そこで頭をよぎるのは日本の国家
  が1945年以前におこなった蛮行である。自らの戦争加害の責任を問わずして
  ほかに何が言えようか」

  という具合で、北の拉致よりも日本の加害に問題があると主張するなど、完全
  に親北朝鮮・反日の姿勢。言語道断と言うべきです。

更に驚くべきは、北教組が機関紙で「竹島」(日本固有の領土)についての教育
  方針を述べた内容です。

  「文科省が中学校歴史の解説書に『竹島(独島)の領有権』を明記したことは、
  韓国にとっては、侵略・植民地支配を日本が正当化する不当極まりないものに
  なるのです。歴史事実を冷静に紐解けば、韓国の主張が事実にのっとっている
  ことが明らかなだけに、事は極めて重大です」

  なんと、日教組は“竹島は韓国の領土である”と子どもに教えよと指導している
  のです。北海道では文部科学省の指導は完全に無視され、日教組による反日
  教育が全盛であることは、これをもって明確になりました。

北教組は、ストライキは当たり前、国旗・国歌には大反対、更に、人命を救う
  「AED」(児童体外式除細動器・心臓救急医療器具)の学校配置に猛反対する
  など、もう、日本人、人間、教師の使命などは意識の外、異常、異状、まさに
  人間性を欠いた奇形なる存在と言っても過言ではありません。何ともはや!

日教組は1945年占領連合国GHQの指令で結成され、65年を数えますが、
  わが国民のほとんどが、日教組により教育されてきたことを認識しなければ
  なりません。わたし達は、意識するかしないかは別にして、日教組的考え方を
  ジワリジワリと目に見えない形で自らの身に吸収してきており、その結果が
  現在の社会となってきています。その意味では、GHQの政策は見事なまでに
  成功し、わが国の精神が、徐々に徐々に、蝕まれてきていると見ても間違い
  ないのではないでしょうか。

教師は本来、子ども・生徒を教えることにその生きがいを求めているはずです。
  知育、体育、徳育を通じて素晴らしい人間に育て上げようとする“志”が、どう
  して、薄汚いない日教組というイデオロギー集団に毒されているのか、わたしに
  は到底理解できません。ましてや、子どもを人質に取っている先生が、選挙で
  一人5票集めようと違法な行為(本来、公務員は政治活動から距離を置くべき)
  に走るとは、普通の人間の行為とは思えません。犬・畜生にも劣る振舞いと
  言っても言い過ぎではないでしょう。

違法な政治行為をする日教組を木っ端微塵に粉砕すべき政治家が全く存在し
  ないことが問題です。自民党にしても、北海道では町村元官房長官・元文科省
  大臣という超幹部がいても、深刻なる認識を欠いており、政治家失格です。
  民主党にしても、日教組から支援してもらうなんて…日教組は先生ですよ…
  端からわが国の教育を真面目に考えていない証拠になります。

 その他、問題点はいくらでもありますが、わたしの望みは、検察がこの違法行為
を断固処断し、準司法としての正義を堂々と発揮することのみです。

 わが国に真の正義はどこに行ったのでしょうか。鳩山総理は脱法しても靦然
(てんぜん・恥じる様子の見えないさま)、小沢幹事長も違法・巧妙な錬金に一切
反省なく、小林議員も違法行為にノーコメント、…それに加うるに、検察の軟弱さ、
だらしなさと勇気の無さ! 検察に猛省を促したい!

 それでは、わたし達はどこに正義を求め、どうすれば良いのでしょうか。

 教育は10年後、30年後、50年後に影響が出てきます。上に記しましたように、
日教組は誰が見ても異常です。日教組は悪性の腫瘍です。そうであるとするなら
ば、一個人の力は小さくとも、日教組をわが国から排除することに努力しなければ
なりません。今や、切除あるのみ、甘く緩やかな対応は命取りになるだけではない
でしょうか。

 みなさんはどのようにお考えでしょうか。

次回も
時事エッセー
です

|

« 「地球温暖化」は真実?…環境問題の嘘を考える… | トップページ | “春”…素晴らしき日本の自然に触れよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166202/47779686

この記事へのトラックバック一覧です: 「日教組」…それは日本のガン(悪性腫瘍)だ!:

» 民主党の小林千代美衆院議員が月内に進退判断 [固形化された蜂蜜100%]
違法献金問題でその去就に注目が集まっている 民主党小林千代美衆院議員。 事の発端は北海道教職員組合から 1600万円を不正に提供したとされた事件が 明るみになったことで [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 10時54分

« 「地球温暖化」は真実?…環境問題の嘘を考える… | トップページ | “春”…素晴らしき日本の自然に触れよう! »