« “情緒論”…沖縄米兵犯罪&原発に見る! | トップページ | “愛国心”…参議院議員選挙に思う! »

2016年6月17日 (金)

“伊勢神宮”…これは日本文明の神髄だ!

 538回目のブログです。

 

 “何事の おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる”
 
               西行(歌人・平安末期~鎌倉初期)

 

 どなたさまがいらっしゃるのかよくはわかりませんが、おそれ多くてありがたくて、ただただ涙があふれ出て止まりません…。

 

 西行は武家の出身ですが、出家して仏門に入りました。仏教を奉ずる西行が伊勢神宮を参拝し、その神聖さとありがたさに、震えんばかりの感動を受け、それを率直に和歌に詠ったものです。

 

 一方、俳句の世界では…。

 

  “たふとさに 皆押しあひぬ 御遷宮”
 
芭蕉(俳聖・江戸前期)

 

 この俳句は、芭蕉が、1500年以上も前から続いている「神宮式年遷宮」(伊勢神宮の社殿を20年ごとに造り替えて神座を遷す行事)の清らかな尊さに心の底から喜ぶ自分と民の姿を詠んだものでしょう。

 

 さらに、世界で最も著名なイギリスの文明史家は、次の言葉を記帳…。

 

  Here, in this holy place,
    I feel the underlying unity of all religions.

 
    「この聖地において、私はあらゆる宗教の根底をなす
 
     統一的なるものを感ずる。」
 
        アーノルド・J・トインビー(昭和42/1967

 

 西行、芭蕉、トインビー、これらの偉大なる人たちは、いずれも、聖地・神宮(伊勢神宮のこと)に参拝した際の心からの感動をわたしたち後世に残してくれています。

 

 さて、去る5月26日、伊勢志摩サミットの開催に先立ち、G7首脳は伊勢神宮内宮(皇大神宮)を表敬、参拝し、今回の印象を以下のように記帳。どなたの記帳にも深い感動の言葉が並んでいることに強く感銘しました。伊勢神宮の「おしらせ」から引用しますので、じっくりとお読みください。

 

アメリカ バラック・オバマ大統領

 

 原文:
It is a great honor to visit this sacred place, which has brought comfort and peace to generations.
May the people of the world be inspired to live together in harmony and understanding.
仮訳:
幾世にもわたり、癒しと安寧をもたらしてきた神聖なこの地を訪れることができ、非常に光栄に思います。世界中の人々が平和に、理解しあって共生できるようお祈りいたします。

 

フランス フランソワ・オランド大統領

 

 原文:
Dans ce haut lieu de spiritualité, où le Japon prend sa source, s'expriment les valeurs d'harmonie, de respect et de paix.
仮訳:
日本の源であり、調和、尊重、そして平和という価値観をもたらす、精神の崇高なる場所にて。

 

ドイツ アンゲラ・メルケル首相

 

 原文:
Im tiefen Respekt vor der engen Verbindung des japanischen Volkes mit seiner reichen Natur, die in diesem Schrein ihren Ausdruck findet.
Mögen Deutschland und Japan Hand in Hand dazu beitragen, die natürlichen Lebensgrundlagen unseres Planeten zu sichern.
仮訳:
ここ伊勢神宮に象徴される日本国民の豊かな自然との密接な結びつきに深い敬意を表します。
 
ドイツと日本が手を取り合い、地球上の自然の生存基盤の保全に貢献していくことを願います。

 

イギリス デービッド・キャメロン首相

 

 原文:
It is a great pleasure to visit this place of peace, tranquility and natural beauty as we gather in Ise Shima for Japan's G7, and to pay my respects as Prime Minister of the United Kingdom at the Ise Jingu.
仮訳:
日本でのG7のために伊勢志摩に集うに際し、平和と静謐、美しい自然のこの地を訪れ、英国首相として伊勢神宮で敬意を払うことを大変嬉しく思います。

 

イタリア マッテオ・レンツィ首相

 

 原文:
Grazie per la straordinaria accoglienza in questo luogo carico di storia e di suggestione. Che sia di buon auspicio per il Giappone che ci ospita e per tutti noi per costruire con piu' vigore le condizioni della crescita economica e della giustizia sociale, mantenendo viva la dignita' dell'uomo.
仮訳:
このような歴史に満ち示唆に富む場所ですばらしい歓待をいただきましてありがとうございます。主催国である日本と我々全員が、人間の尊厳を保ちながら、経済成長及び社会正義のための諸条件をより力強く構築できることを祈念します。

 

カナダ ジャスティン・トルドー首相

 

 原文:
Que l'harmonie de Ise Jingu renforce notre engagement à bâtir un avenir empreint de paix et de prosperité.
Let the harmony of Ise Jingu reflect our desire to build a prosperous and peaceful future.
仮訳:
 
伊勢神宮の調和に、繁栄と平和の未来を創るという我々の願いが映し出されますように。

 

EU ドナルド・トゥスク欧州理事会議長

 

 原文:
A place of peace and reflection. And a deep insight into Japan. Thank you!
仮訳:
静謐と思索の場。そして日本についての深い洞察。どうもありがとう!

 

EU ジャン=クロード・ユンカー欧州委員会委員長

 

 原文:
Je m'incline devant les traditions qui furent et les performances qui sont.
仮訳:
この地で目の当たりにした伝統と儀礼に敬意を表す。

 

 これらの記帳を読むにつけ、わたし達は、伊勢神宮が日本文明の神髄であり、世界の聖地でもあることを、あらためて認識しなければならないのではないでしょうか。

 

 みなさんは、西行・芭蕉・トインビー、ならびに今回のG7首脳の伊勢神宮への印象をどのように感じられましたか。

 

次回も
時事エッセー
です

|

« “情緒論”…沖縄米兵犯罪&原発に見る! | トップページ | “愛国心”…参議院議員選挙に思う! »

コメント

代表 野宗邦臣様

冠省 今日、楠公祭にてお目にかかりました
   岸和田健老大学の古江でございます。

お名刺を拝受いたし早速ブログを開かせていただきまた。
感銘して、拝読いたしました。

ありがとうございました。
                古江常太郎拝

投稿: 古江常太郎 | 2016年6月19日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166202/63786787

この記事へのトラックバック一覧です: “伊勢神宮”…これは日本文明の神髄だ!:

« “情緒論”…沖縄米兵犯罪&原発に見る! | トップページ | “愛国心”…参議院議員選挙に思う! »